レッドアルティスタ号の近況

レッドアルティスタ号の近況

レッドアルティスタ号の近況

レッドアルティスタ号の近況がホーストラスト様より届きましたのでお知らせいたします

トピックとしては、いつもの放牧地から移動したそうです。そしてなんとすぐに群れに馴染んでしまいいつの間にか上位の座についていたそうです!!今まで群れの中では一匹オオカミで飄々としたのに新しい群れにすっと馴染んでしまう・・・すごいとしか言いようがありません。持って生まれた気の強さのおかげ(?)でしょうか。その処世術、見習いたいものです・・・!笑そんなレッドアルティスタ、2月9日に体温が高く下痢をしてスタッフさんが整腸剤を与えてくださり馬房でお休みしたそうです。ですが翌日には熱も下がり放牧再開。下痢も1週間ほどで治ったようで一安心です。その後は昼夜放牧も再開され元気に過ごしているとのこと。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

春から新年度、新学期が始まり新しい環境になる方も多いかと思います。環境が変わる事って私たち人間にとってもかなりのストレスですし、慣れるまでかなり時間もかかります。人間関係をまたいちから構築していくことは気を使いますし疲れちゃいますよね。これはこちらの解釈なのでかなり都合よくとらえてしまっていますが、レッドアルティスタは彼なりに私たちにメッセージをくれているのかなと思いました。新しい場所に飛び込むことはわくわくもするしドキドキもする。慣れ親しんだ環境を変えることは同時にものすごくストレスと恐怖でもある。だけどいつも通り、自然体でいればきっと周りの人も寄ってきてくれる。構え過ぎなくてもいいんだよ、というメッセージ。

レッドアルティスタの「アルティスタ」はイタリア語で「芸術家」なんだそうです。芸術家は、なんとなくのイメージでは気難しくてへそ曲がりで気分屋で・・・だけども集中力や想像力は一般的な人たちの持つそれとは全く比べ物にならないほど秀でていて独特の感性と世界を持っている・・・そんな印象です(あくまでもわたし個人のイメージです)。アルティスタにもなにか芸術家に通じるものを持っているのかもしれませんね。馬たちから教わること、気づかされることってたくさんありますね。感謝です。春から新生活が始まる方はもちろん、特に変わらない環境下の方も、自分らしく自然体で毎日過ごしましょう。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

引退競走馬をセカンドキャリアへ!

人も馬も幸せな未来へ

http://furusato-tax.jp/gcf/1088

1616

【第1種動物取扱業】
動物取扱業の種別
第20010069号(販売)
登録年月日:令和3年3月26日
有効期間の末日:令和8年3月25日
動物取扱責任者:西崎智子

【第1種動物取扱業】
動物取扱業の種別
第16060059号(競りあっせん業)
登録年月日:平成28年11月10日
有効期間の末日:令和3年11月9日
動物取扱責任者:西崎智子

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせ

認定NPO法人サラブリトレーニング・ジャパン

090-1332-9222