【卒業】ワンダーアシャード

【卒業】ワンダーアシャード

【卒業】ワンダーアシャード

【卒業】ワンダーアシャードの紹介

28戦4勝

右前脚蹄葉炎再発により競走生活を引退することとなりました。

ワンダーアシャードは父は名手、河内洋に悲願のダービー制覇をプレゼントした、アグネスフライト。

母はハッピーデキシー、アメリカ血統で、

父、母の血統にラジャババの名前がありダートでこそと思う血統背景だ。デビューは2歳の新馬でダート戦。1番人気だったが、前でレースを進めた2番人気の馬を捉えられず2着。続くレースも単勝1.6倍と圧倒的支持を受け、2.3番手から進め、直線で逃げていた馬を捉えて初勝利。その後5戦中、馬券圏内を外したのはわずか1回!!確実な走りを見せる中で迎えた4歳での初戦。1.4倍の1番人気でレースは先団にとりつく。直線で逃げていた馬をきちんと捉え、後続の追い上げも振り切り2勝目!その後、半年の休養をはさみ、6着、3着と着順を上げ、叩き3走目で3勝目!500万クラスを卒業して1000万クラスの初戦は4着。

そして迎えた舞鶴特別。鞍上は武豊騎手で4番人気。道中は終始2番手。直線を向いたところで、先頭の馬を捉えトップに躍り出る!横に3番手だった馬も食い下がるが、差は徐々に離れていく!ゴール直前に後続の馬も追ってくるが、時すでに遅し。見事4勝目をあげ、僅か2戦目で1000万クラスを卒業、準オープンクラスに上がった。

 その後、準オープンで7戦目に一度掲示板を外すも、あとはすべて馬券圏内。準オープンでも確実な走りは健在で卒業間近!と思われた矢先に骨折…休養に入ってしまう。10か月後レースに復帰するも3番人気で8着。その後1年弱の長期休養を経て2017年に復帰するも、2戦とも自身初の二桁着順に落ち込んでしまう…

 再び1年半以上の長期休養後、地方の園田競馬に移籍。心機一転を図った。園田移籍後は1400m戦を2戦して6着。そして次は1870m戦。中央競馬で得意としていた1800m戦に近い距離でここで復活を印象付けたかったものの、レースは4番手から徐々に後退していき最下位…。その次のレースも1700m戦であったが、後方でレースを進め、直線でも活躍できず、2戦連続の最下位。その後1戦したが、ここで引退が決まった。

  長期離脱をするまでの確実な成績を考えたら現役生活後半が残念でならない…。

8年の現役生活を終えた今、次のキャリアに向かう本馬の支援を、何卒よろしくお願いいたします!

詳細ホース情報

血統父:アグネスフライト 母:ハッピーデキシー
生年月日2009年4月9日
性別セン馬
産地浦河町
毛色栗毛
生産牧場大島牧場
所属厩舎田中 一巧
獲得賞金8604万円
入厩日2019年4月

支援する

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせ

認定NPO法人サラブリトレーニング・ジャパン

0867-34-9222