サンプルサイト

キクノルア

キクノルア

キクノルア

キクノルアの紹介

20戦5勝。 左前脚屈腱炎により競走生活を引退し、吉備高原サラブリトレーニングでリトレーニングすることとなりました。 キクノルアの父は屈腱炎を乗り越え見事な復活を果たし、ダート界の頂点に君臨したカネヒキリ。 母はライトハートリー。一族を辿るとノーザンテーストの初年度産駒で重賞を勝ち、桜花賞でも3着に輝いたシャダイダンサーがいる血統。2015年の北海道サマーセールで取引された馬だ。 ちなみに生産者は田中勝春騎手の父の田中春美氏である。 デビュー戦は早く2歳の夏の中京で、芝のマイル戦。 不良馬場の中、しぶとく伸びて後に重賞を勝ち、クラシックを沸かせたダンビュライトに次ぐ2着となった。 なおこの時の3着は、重賞を勝ち天皇賞秋でも2着となったサングレーザーであり、ハイレベルな1戦であった。 その後1度芝を走りダートに変えた3戦目。 レースは5番人気で先行する中、最終コーナーで後の重賞勝ち馬、タガノディグオがまくって一気に先頭に躍り出る!キクノルアは外から残り1ハロンの地点で猛烈な追い込み!独走態勢に入るタガノディグオに一歩一歩近づき、ちょうど交わしたところでゴール!!強烈なインパクトを残し、見事初勝利を飾った。 その後もダートでの成績は安定、すべて掲示板に載り、2番人気で迎えた9戦目。 中団からレースを進め徐々に押し上げて最後の直線へ向くと、1勝目をあげたときのような脚がさく裂し、独走状態で2着に5馬身差をつけてゴール! 2勝目を手にした。それから1000万クラスでも2着を続けながら安定した成績を収め、3勝目は3馬身差の圧勝。 準オープンにあがって10着と敗れた半年後、降級初戦を2番手から追走。直線で先頭を抜き去り、そのままリードを保って2馬身差で優勝!再び準オープンクラスに上がり、7着となった次の1戦招福S。 今回はハナを切り先頭で直線へ向かう。1番人気の馬と、後に重賞アンタレスSを勝つアナザートゥルースが猛追をみせるが、差が詰まりそうでつまらない!!最後は4分の3馬身差で勝利!見事オープン馬になった。 その後オープン特別を走り、地方交流重「名古屋大賞典」にも挑戦。 そろそろオープンクラスのペースにも慣れて前進が見込めるのでは…と思われたが、ここで引退となった。 勝つときは鮮やかに勝つのでオープンクラスでも通用する力があり、負かしてきた馬には後の重賞馬が沢山いるため、ここでの引退は残念…。 カネヒキリは亡くなっており、貴重な産駒。キクノルアのファンの方はもちろん、カネヒキリのファンの皆様にも是非支援を頂けたら幸いです。

詳細ホース情報

血統父:カネヒキリ 母:ライトハートリー
生年月日2014年3月9日
性別セン馬
産地ひだか町
毛色栗毛
生産牧場田中春美
所属厩舎奥村 豊
獲得賞金8203万円
入厩日2019年7月

支援する

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせ

NPO法人吉備高原サラブリトレーニング

0867-34-9222