サンプルサイト

サラブリトレーニングの想いThoroughbret training thought

サラブリトレーニングの想い

競馬は多くの方に知られていますが、競馬を引退した競走馬たちのその後はあまり知られていません。
競走馬となるべく、毎年7,000頭生まれるというサラブレットたちは、3~4歳で引退する馬が多いのですが、もとは競走馬として、とにかく少しでも速く走れるようにと生まれた時から調教されたことから、乗馬クラブへ行っても競走馬としての習慣が抜けず、乗馬のようにゆっくり歩いたり走ったりということが受け付けられないのです。

馬は、長くて30年ほど生きます。ですが、引退後の環境をサポートするしくみがありません。例えば5歳で引退したとして、残りの25年間、一体何をするのか。誰かの役に立ち、かわいがられながら、それぞれの馬が充実した人生を送って欲しい。競走馬として生まれてきたけれど、競走馬の役目を終えた馬たちにも「当たり前にある未来」を与えたい。吉備高原サラブリトレーニングは、餌や水道・光熱費等の飼育費がかかり、限界はありますが、一人でも多くの人に引退した競走馬たちの現状を知ってもらい、1頭でも多くの引退馬をセカンドキャリアへ繋げるとともに、馬の多様な利活用を創出することで受け皿拡大を促進し、もっと気軽で身近な馬事文化の普及を目指しています。

サラブリトレーニングの想い
サラブリトレーニングの想い
サラブリトレーニングの想い

代表挨拶Message

サラブリトレーニングの想い

「一頭でも多くの馬の命を救いたい」「引退したサラブレッドを、五輪へ」。そう思って今まで『競馬を引退したサラブレッド』たちをリトレーニングしてきました。血統からして「とにかく走る」ことを叩き込まれているサラブレッド達は、もともと馬術競技に不向きではありますが、リトレーニングすることによって、優秀な馬術競技馬として生まれ変わることができます。
過去にドリームハートが全日本で優勝したように、きちんとトレーニングを積むことによって、馬術競技馬として一人前になれるという実証もありますので、僕たちは引退したサラブレッド達のセカンドキャリアとして『五輪』への夢を持っています。そんな引退馬たちは、岡山の中央、自然豊かな吉備高原でのびのびとリトレーニングを受けています。

今までは、「犬がかわいそう」「猫がかわいそう」ということは知られてきましたけども、多くの馬も行き先が不透明になっている現実があるかもしれません。そんな馬たちを一頭でも多くセカンドキャリアに繋げたい。リトレーニングして馬術競技馬として五輪で活躍させたいなど夢のプロジェクトに向けて頑張っていきたい。そのために、僕たちはこの『サラブリトレーニング』を発足させたのです。

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせ

NPO法人吉備高原サラブリトレーニング

0867-34-9222