サンプルサイト

寄付金控除についてDonation deduction

サラブリトレーニングは『ふるさと納税』対象です。ふるさと納税は、実は地方自治体に『納税』するわけではないのです。ふるさと納税は、「お好きな金額を『寄付』し、その『寄付金控除』でその年の『所得税』と翌年の『住民税』から差し引いてもらうこと」で成り立っています。

つまり一定上限金額まで、2000円の自己負担額で住民税と所得税が控除されるため、実質2000円で返礼品を手にできるのです。しかもこの自己負担額の2000円は、各自治体ごとに必要なわけではなく、その年度中ずっと有効ですので、複数の自治体に分けて『ふるさと納税』をし、返礼品を色々受けとったりもできます。

控除額の計算方法

ふるさと納税で気をつけることFurusato tax payment

さて、ふるさと納税ですが、気を付けなくてはいけない事があります。それは所得や家族構成によって控除額が変わってきてしまう、ということです。

1:非課税世帯の場合

ふるさと納税とは、そもそも『寄付金控除』によって『支払うはずの税金を控除する』ものです。もともと非課税の世帯ならば、ふるさと納税で寄付したとしても、控除はされませんので、注意が必要です。

2:年間上限額をこえてしまった場合

所得によって控除される金額は上限が設けられています。扶養家族が多かったり、医 療費や住宅ローンなどの控除が多かったりしますと、年収に対しての上限金額が意外と低くなったりします。

3:『寄付する人』と『納税者』が一致しないとき

例えば専業主婦の方が自分名義で寄付しても、夫の税金は寄付控除の対象とはなりませんので、注意が必要です。この場合は、夫名義でのふるさと納税がベターでしょう。

ふるさと納税して頂いた方へのお礼の品Thank you gifts

ふるさと納税でお預かりした寄付金は、リトレーニングの費用に活用させて頂いていますが、感謝の気持ちを込めてわずかではありますが、お礼の品をお届けしております。ご寄付額によってお礼の品が様々にございますので、ご覧下さい。
ふるさと納税の仕組みでは、吉備中央町のサンクスホースプロジェクト事業を指定して岡山県吉備中央町に寄付をしていただくと、寄付額の約9割が「サンクスホースプロジェクト」のサンクスホース達のリトレーニングに活用されます。寄付額の一部は吉備中央町の事務手続きなどの費用としています。 寄付額のうち2000円を除いた額が皆さまの所得税や住民税から差し引かれ(所得等により控除限度額あります。)ますので、実質的な負担は2,000円で、「サンクスホースプロジェクト」の活動にご参加いただけます。

お礼の品を見る

【ふるさと納税に関する情報】information

2,000円の負担ですむ寄付金額がいくらぐらいかご確認頂けます。

納税シュミレーション

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせ

NPO法人吉備高原サラブリトレーニング

0867-34-9222